保険相談を東京でする場合のおすすめ保険ショップ

埼玉県民共済には「埼玉地域しか広告してはいけない」という厚生労働省の縛りがあります。ですから、埼玉中心のラジオ局やテレビ局でCMを流すのもダメ。

他県にも電波が流れ、域外に宣伝することになってしまうからです。これはどこの県民共済も同じです。そうなると、県民共済ができる宣伝は、県内の新聞講読者にチラシを配ることに限られそこで県民共済は、契約者の利益優先に徹し、「すぐに保険金を支払う」ことを始めまステップ1 医療保険のや本質ゅを知ろうます。

県内の新聞講読者なら地域が限定されるので、宣伝行為として許されるわけです。いかに派手に宣伝したくとも、県境を越えるテレビや新聞を使って派手に宣伝することはできないのです。

契約者のなかには、叩年以上もの長い期間、継続して加入している人もいます。そんな契約者が保険金を請求したときに、支払いに1週間もかかったのでは、とても契約者を大事にしているとは言えないと考えたのです。

保険金を受け取るようなときは、決して幸福ではありません。だからこそ保険金は、早く払ってもらいたい。それは加入者心理として当然のものです。県民共済はここに注目し、どの生保も早くて1週間かかる保険金の支払いを、大幅に短縮したのです。

請求した翌日にはもう、保険金が支払われるとなると、消費者は「いい保険」だと信頼ふいちょうします。周囲の人に、その良さを吹聴したくもなります。口コミ宣伝が広がるからくりはまさにここ、県民共済の契約者を大切にする気持ちにあったのです。

大量の広告で契約を取ろうという戦略もけつこうですが、それだけですぐに保険に飛ぴ付くほど、庶民は愚かではありません。逆に、「こんなに大々的に宣伝するお金があるなら、その分保険料を安くしろ。保険金をケチるな」と反感を覚える人も多いでしょう。

本書を手に取ったみなさんもおそらく、毎日流れるCMにうんざりしているのでは。本当に広告のとおりなのか、私とともに詳しく、商品の中身を検証していきましょう。もちろん、派手に宣伝するすべての商品が悪いと言いたいのではありません。CMや広告だけではわからないことを理解する、それが自分に合う医療保険に加入するためには必要だということです。宣伝に惑わされることなく、慎重に医療保険選びをしようではありませんか。

保険相談無料

自動車保険についての考察

新車登録後1カ月を超えて1年までのクルマの時価を算出する方法です。この範囲にあるクルマは、そろそろ中古車市場に出回り始めます。しかし、まだまだ車両数は少なく車種も限られます。

この範囲にあるクルマの時価算出方法は二つあります。ひとつは「中古車情報誌」により側絡を算出する方法です。中古車情報誌の内容が充実してきました。中古車情報と価格が満載です。

探したいクルマの価格を情報誌から求めます。いくつもの価格があるときは、それらすべてを書き出し平均価格を計算して、請求する価格とします。書き出した資料は請求の証拠とします。中古車情報誌には「カーセンサー」「GOO」「輸入車中古自動車価格ガイドブック」などがあります。

中古車情報誌の価格は地域価格を反映していますので、あなたの地域の価格としてより現実味のある側裕です。ところが、保険会社・共済は「この価格は販売底の希望販売価格で、実際はこの価格を下回る」と言って認めようとしない場合があります。

情報誌や広告の価格は定価であって、実際には値引きが行なわれていると、実勢価格を言うのです。では、保険会社・共済が正確な実勢価格をつかんでいるかといえば、そのようでもありません。

実勢価格を証明するものを保険会社・共済が出さないなら、あなたが努力して中古車情報誌から収集した価格を認めてもらいましょう。

もうひとつは、新車登録1カ月以上で1年までのクルマが中古車情報誌にないときです。その場合は減価償却定率法で算出します。

中古車情報誌会ひとつひとつ調べて見つからないときは、最高裁判所のいう「特段の事情」ですから減価償却定率法で計算します。

この考えは、ドイツでは保険会社が採用しているそうです。田上富信教授が紹介されていますから、それほど、破天荒な提案ではありません。

あなたがこの理論で保険会社・共済と示談交渉をしても、残念ながら認めてくれるはずはありません。実際に裁判でこの考えが正しいかどうか試さないかぎり、日本では新車を賠償することは行われないだろうと思います。

あなたのクルマが新車登録後1年を超え、7年まであれば、その時価は二つの方法のいずれかで算出します。この範囲に入るクルマは、街中でもっとも多く走っており、中古車市場で活発に取引きされています。

そのため、安定した中古率価格を知ることができます。

まずは、レッドブックの「中古車価格(小売り)」欄に掲載されている価格を時価とする方法です。

自動車保険の賠償総額と過失割合について

■過失相殺とは

交通事故では、加害者だけに事故の原因があるという場合は少なく、多くの事故は被害者側にも何らかの原因があります。そのため、事故のすべての損害賠償責任を加害者が負うとしたのでは、当事者の間に不公平が生じることになります。

そこで民法722条2 項は、「被害者に過失があったときは裁判所は損害賠償の額を定めるときにおいてこれを斟酌することができる」と定めています。これが過失相殺という制度です。

過失相殺とは、被害者にも過失があって損害の発生や被害の拡大の一因になった場合に、損害額から被害者の過失に応じた額を差し引くことをいいます。たとえば、歩行者( 被害者) が付近に横断歩道があるのに、横断歩道のない車道を渡っていて、車にひかれた場合、歩行者をひいた加害者だけでなく、付近に横断歩道があるのに別の場所を渡っていた被害者にも過失があります。

この場合、交通事故の損害額が100万円だったとしましょう。そして、事故の発生について、加害者の過失が7 割、被害者の過失が3 割あると認められた場合、被害者が請求できる賠償額は、過失相殺によって100万円の7 割である70万円に減額されます。過失相殺は人身事故、物損事故を問わずに行われます。

■減額の対象となる過失とは

交通事故が発生した場合に、加害者が一方的に悪いのではなく、被害者にも不注意な点や落ち度があることがあり、これを過失といいます。被害者の過失が認められれば過失相殺の対象となります。

被害者に、道路にどんな危険があるか判断できる程度の能力があれば、過失相殺の対象となります。一方、加害者は、車を運転するのに通常要求される程度の注意を十分に払っていれば、事故を避けることができたという場合に過失があるものと判断されます。

また、たとえば、青信号に従って交差点を法定速度の範囲内で進行していたにもかかわらず、交差する車線側の赤信号を無視して交差点に進入してきた車と衝突した場合、道路交通法に従って運転していた側の過失責任は問われないこともあります。車を運転する人は道路交通法にしたがって運転するものだとお互いに信頼しているからです。これを信頼の原則といいます。

■被害者側の過失とは

たとえば、5~6歳ぐらいの子であれば、道路に飛び出したりすることが危険であるというのは判断できるでしょう。しかし、まだ2~3 歳ぐらいの幼児の場合、道路にどんな危険があるか判断できないのが普通です。このような場合、その子の親など、その子を監督すべき者の責任が問われます。そして、その子を監督すべき者の監督義務違反を被害者側の過失としてとらえ、過失相殺をすることになります。被害者側の過失が認められるかどうかは一概には判断できず、ケースごとに判断することになります。

自動車保険の登録方法

あなたのクルマが全損になったとき、あなたにどのような損害が発生しているかを考えてみましょう。

加害者の保険会社・共済は、「クルマの時価が損害ですから、時価を支払います」と言うはずです。あるいは「全損になったクルマに、スクラップ側絡がありますから、時価額からこれを差し引いた金額を支払います」と言うかもしれません。

保険会社・共済の提案は正しい回答です。そして、実際に保険会社や共済が支払っている全損の大部分は、「時価」あるいは寸時価からスクラップ価格を差し引いた金額」で処理されています。

あなたが、「時側」か「時価からスクラップ価絡を差し引いた金額」の賠償を受ければ満足だと考えれば、これは、あなたにとって100点満点の事故解決です。こんな話があります。

すでに登場願った兵庫県の谷田さん(刊歳男性・仮名)は、信号で停止中、後ろから4トンダンプに追突されて愛車のボルボが全損になりました。加害者加入の保険会社(大阪府)は、時価305万円を支払うと言いました。

そこで谷田さんは、ボルボ販売庖に次のボルボ購入の手配をしました。ところが、ボルボ販売府からクルマの購入代金は保険会社からの305万円を当てるが、登録関係の費用として印万円を用意してほしいと意外なことを言われました。

「賠償金で登録もできるのではないか?」と聞いたところ、「それなら、年式の古いクルマにしますか?」と言われてしまいました。ここで初めて、時価305万円には登録費用などが含まれていないことを知りました。

谷田さんは一冨います。「自分は何も悪くないのに、なぜ印万円も自己負担をしなければならないのだ!」あなたは事故にコリゴリして「もうクルマには乗らない」なら、時価だけを賠償してもらえばいいでしょう。

しかし、替わりのクルマがないと仕事に、日常生活に、支障をきたすようなら、あなたの損害は全損になったクルマの時価だけではありません。

自動車事故の賠償額を決める

家庭の水道水の危険性が聞かれます。

ウォーターサーバーが家庭にも導入される大きな理由の一つです。

水道水に付ける浄水器がありますが、ウォーターサーバーに比べてら、
やはり安全面では落ちます。

家庭用浄水器にもさまざまな種類があり、それぞれに除去できる物質が違うこともわかりました。浄水器は、その特徴をきちんと理解し正しい使い方をすれば、良質な水を作り出すことができます。

私個人の場合でいえば飲み水をはじめ、炊飯、スープ、煮物といった水をそのまま体に摂り入れる場合はすべてミネラルウォーターを使用しますが、お米を研ぐ、野菜を洗う、パスタ類を茹でるといった用途には浄水器を通した水道水を積極的に使っています。しかし、本当に問題なのは、はたして浄水器で水道水に含まれる危険な要素をすべて取り除くことができるのか、という点です。残念ながらその答えはノーです。

家庭用浄水器は、あくまで水道水をおいしくすることを目的に作られています。ですから優秀な製品であれば、塩素やカビ臭といった水道水をまずくする要因の多くを取り去ることが可能です。ただし、トリハロメタンをはじめとする有機塩素化合物や赤サビについては、完璧に対応している機種は数えるほどしかありませんし、前に指摘した、管理の悪いマンションの高置水槽における虫の死骸や藻などの汚れにいたっては、それを想定すらしていないというのが現状なのです。

だから、家庭用浄水器は、水道水を直接引いている家庭、あるいは貯水槽の管理がきちんとしている集合住宅では有効であっても、建物が老朽化し管理が悪いマンションの水にはあまり効果がありません。

しかもカートリッジをこまめに交換したり、衛生状態をきちんと見ていないと、かえって雑菌が繁殖してしまう場合さえあります。特に朝いちばんに浄水器を使う時は注意が必要です。浄水器は塩素を除去しますから、カートリッジに残った滞留水には殺菌効果がなくなっており、気温の高い夏場などには雑菌が繁殖している恐れがあるからです。

カートリッジの使用期間は浄水器によってパラパラ、しかも水道水の水質は各家庭によってまちまちですから、説明書に書いてある数字をうのみにしない方が賢明です。一戸建てで直接水道を引き入れている家では1年間保つはずのカートリッジが、管理の悪い高置水槽を使っている集合住宅では数週間も保だない、という場合もあります。とりわけ中空糸膜フィルターは目づまりを起こしやすいので、水に勢いがなくなったらそれが交換の時期だと思って下さい。

自動車事故の過失を認めるか

最近、イライラした人をよく見かけませんか。通勤電車の中でも、町を歩いていても、イライラして落ち着かない人が増えているように感じます。巷では“キレる中学生”が社会問題になったりもしていますね。日頃ストレスの多い生活をしていると、何かとイライラがつのってきます。現代社会では職場や私生活での人間関係がストレスの最大の原因とか。でも、毎日のイライラの本当の原因は、もしかすると別のところにあるのではないでしょうか。なぜなら、イライラはミネラルの不足によっても起こるからです。とりわけ重要なのはカルシウムです。カルシウムが神経の情報伝達に関わっていることは先ほど説明した通りですが、これが不足すると神経の興奮が鎮められなくなり、落ち着きがなくなって、細かいことが気になったり怒りっぽくなったりします。そして、カルシウムと同様、マグネシウムの不足もイライラの原因です。マグネシウムが不足すると思考力が低下するため、余計にイライラしてしまうのです。また同時に憂欝な気分を招きますから「ついカッとして怒った後で自己嫌悪に陥る」といった感情の起伏も、マグネシウム不足に関係していると考えられます。また反対に「ストレスを感じると体から排泄されるカルシウムとマグネシウムの量が増える」こともわかっています。つまり、ストレスがかかればかかるほど、体内のカルシウムとマグネシウムが足りなくなり、よりストレスが高じてしまうのです。人間は摂取するカルシウムの量が体が必要とする量より少ないと、血液や筋肉、そして骨そのものからカルシウムを補おうとしますから、ストレスが高じた状態がずっと続くと、精神ばかりでなく体そのものが壊れてしまいます。この悪循環を断ち切るには、継続的にカルシウムとマグネシウムを補給することが大切です。体内のカルシウムやマグネシウムが十分に足りていれば、少しばかりイヤなことがあっても自分の感情をコントロールできるようになり、また体調も良くなって、イライラが鎮まっていくはずです。